スタンプされたコンクリートパティオの設置に対する雨の影響

雨の中に打ち抜きコンクリートパティオを設置できますか?

スタンプされたコンクリートパティオは、屋外の空間に美しい外観を加えています。スタンピングされたコンクリート – 新しく注がれたコンクリートが着色され、次いでレンガやタイルのように見えるように加工されるプロセスは、伝統的なコンクリートパティオよりも耐久性があり厚い。

すべての外面と同様に、スタンプされたコンクリートパティオを雨の中に設置しないでください。雨のためコンクリート混合物中の過剰な水が将来パティオを弱めるだろう。

セメントが適切に硬化するためには一定量の水分が必要ですが、余分な部分はパティオの構造的完全性を弱めることになります。

あなたのスタンピングされたコンクリートパティオが雨の前に覆われておらず、硬化過程にそれほど遠くない場合、コンクリート中のセメントの一部が洗い流される危険性があります。その結果、表面の弱化、クラッキング、はく離、セメント粉じん、水への浸透性の増加、コンクリートの下層と内部鉄筋の損傷の危険があります。

あなたのパティオが治癒過程にかなり遠い場合、雨はそれに多くの影響を与えるべきではありません。

設置中または設置直後に多量の雨が降った場合は、インストーラに連絡して、シーラーを地面に設置して道路を保護してください。しかし、最も賢明な行動は、雨が予報に含まれている場合にはインストールを開始しないことです。