カスタムキャビネットドアの5つのオプション

1.材料の選択

2.次元の確立

3.スタイルを設定する

4.色と仕上げの設計

カスタムキャビネットのドアを選択するには、さまざまな素材、スタイル、色を選択する必要があります。

あなたがしなければならない主な決定は、キャビネットのドアが作られる材料です。利用可能な選択肢を考慮すると、これは単純な作業ではありません。たとえあなたが木のみの土台になっていたとしても、木材、メープル、オーク、パイン、チェリー、アルダー、ヒッコリーの間で決定する必要があります。いくつかのタイプの木材は他のタイプよりも高価であるため、関連コストを考慮しながら、自分の好みに最も適した色とスタイルを選択する必要があります。あなたが木の種類の特定のパターンと穀物が好きなら、あなたはまた、それらをさらにパーソナライズするように色でドアを汚すことを選ぶことができます。

木製以外にも、キャビネットのドアを作るために選択できる数多くの材料があります。金属やガラスを選ぶ人もいます。これらは明らかに維持するためにもっと注意が必要ですが、非常にパーソナライズされたキャビネットのドアを提供することができます。

その後、ドアに使用する寸法についていくつか考えなければなりません。たとえば、2つの大きいドアを持つ方が好きかもしれない一方で、同じエリアに4つ小さなドアを持つ方が好きかもしれません。

使用する材料が選択されたら、ドアのスタイルに関するもう1つの基本的な決定を下す必要があります。あなたが木の種類を選択した場合は、しばしば複雑なデザイン、模様付きエッジと彫刻、またはより現代的または現代的なスタイルを特徴とする素朴な、ヴィンテージまたはクラシックスタイルを好むかどうかを決定する必要があります。後者はあまりエレガントではなく、通常、このような場合にはより洗練されたドアが作成されるため、パターンはほとんど含まれません。ボーダー、ノブ、太さも、選択したデザインやスタイルの影響を受けます。選択できるパターンは、ビーズ、盛り上がった、または凹んだパネルなど、さまざまです。アーチ型センターやアップリケも人気があります。

ドアが木製以外の素材で作られている場合、そのスタイルは自動的に現代的で現代的です。金属、アルミニウム、ガラスの場合に適用されます。しかし、ドアの一部を装飾するためにステンドグラスを使用すると、スタイルはよりエレガントになります。

色は、染色や吹き付けなどで変更することができます。また、ガラス製のインサートを木製のドアに固定するなどの特別な操作を加えることもできます。ドアの仕上げは、最終的な外観に重要な役割を果たすため、非常に重要です。いくつかは光沢を好むかもしれないが、他のものはより不明瞭な仕上げを選ぶかもしれない。

5.ハードウェアとアクセサリの追加

ドアを固定するための付属品やハードウェアも重要な役割を果たします。あなたはノブではなくスライドドアを持つことに決めます。一方、つまみを使用する場合、いくつかのタイプがあり、ドアのスタイルを補完する必要があります。ノブはさまざまなパターン、サイズ、色、材質で構成されています。装飾されていることを除けば、ノブは定期的に使用されるため、比較的短時間で交換したり、ドアに損傷を与えたりするのを避けるために、かなり堅い身に着ける必要があることを覚えておくことが重要です。良質のヒンジを使用する必要があります。

各オプションにはそれぞれ長所と短所があり、選択する前に注意深く検討する必要があります。室内の他の要素とのマッチングの側面も役割を果たします。