乾式壁除去ツール

サークルカッター

ユーティリティナイフ

EZリップドライウォールカッティングナイフ

ドライウォールソー

キーホールソー

ドライウォールラスプ

スナップ

ドライウォールルーター

ドライウォールストリッパー

T-スクエア

乾式壁の除去は、完了または完了するのが難しい仕事ではありません。適切なツールと少しの忍耐力で、あなたはすぐに削除されます。このタイプのプロジェクトを開始する前に、作業領域と作業面を準備することを忘れないでください。部屋から家具やアイテムを取り出し、残ったものを布で覆う。以下は、乾式壁を除去するために必要なツールのリストです。

サークルカッターには、鋭利な2つの鋸歯状のホイールがあり、鋭利なセンターチップをピボットしています。サークルカッターは、乾式壁の表面をスコアリングするので、簡単にプラグ穴をノックアウトすることができます。

ユーティリティナイフには非常に丈夫なブレードがあり、ブレードを繰り返し使用した後、鈍い状態になります。刃をはずして鋭利なエッジを作り、作業を続行できます。

非常に軽くて使いやすいです。それだけでなく、それを測定してマークすることができますカットすることができます。それは、乾式壁の異なるサイズをカットすることができます。それはまた、乾式壁の薄い部分を均等に切断することができます。また、一度に最大10個のブレードを保持する記憶域も備えています。

あなたが必要とするかもしれない乾式壁鋸の2つのタイプがあります。手動の鋸またはジグソーパズル。ジグソーパズルには2種類のブレードがあり、粗いものと乾いた壁を取り除くものがあり、円形や曲線のカットに役立ちます。一方、マニュアル・ソーは、ジグソーパズルと同じくらい良い仕事をすることができます。手動の鋸にはコース歯があり、鋭い尖った先端をしています。コースの歯は滑らかに触れるように感じます。

キーホールソーには、細長い刃が付いています。彼らはタイトな曲線の近くをカットするために使用されます。鍵穴のこぎりは、鋸を引っ張って切断し、非常に鋭い歯を持っています。それは領域を得るのは難しいできれいなカットを行います。彼らは通常10から12インチの長さです。彼らは扱いやすいブレードまたは固定ブレードのいずれかに来る。固定刃のキーホールソーは、格納式のものほど高価ではありません。伸縮刃は非常に頑丈な刃で、鋳鉄製のハンドルを持っています。時には木製のハンドルもあります。鍵穴のこぎりを使用するのではなく、少し時間を節約したい場合は、素早く簡単に作業できる2つの電動工具があります。彼らはジグソーパズルとスパイラルソーです。

このツールは、乾式壁の粗いエッジを滑らかにするためのツールです。

スニップは、乾式壁を取り除くときに見つかるかもしれない金属を切断するためのものです。

ラウンドカットを行うときに使用します。例えば、照明器具の周囲の乾式壁を取り除く場合は、ルータの丸カッターを使用します。

これは狭くて切れにくい場所のためのものです。

これは、現場に印を付けるために定規のように使用され、切断する必要がある場所を案内するのに役立ちます。