リンゴの木の種類の5つの違い

1.フジアップル

2.ガラ・アップル

3. Brae Burn Apple

4.レッドデリシャスアップル

5.ゴールデンデリシャスアップル

私たちのほとんどには、赤い甘いものと緑のものの2種類のリンゴがあります。それらは味が少し酸性です。あなたがもっと近く見てみると、市場にはさまざまな味、色、大きさのリンゴが実際に存在していることに気付くでしょう。土壌の種類がリンゴの種類に影響を与えても、遺伝子工学によって各リンゴの種類を強調することが可能になり、誰もが異なる種を容易に区別できるようになりました。利用可能なリンゴの木のリストが長い間、最も一般的な5つが議論されます。

富士リンゴは、もともと日本で導入され、1962年以来世界中で一般に市場に出回っています。フジリンゴは典型的な黄緑色の肌をしており、赤い縞模様があります。開いたとき、あなたはこのリンゴが白く、しっかりして、クランチで、強い味の味と甘いことに気付くでしょう。この木を自分で栽培したいのであれば、9月中旬にリンゴが熟していることを知っていなければなりませんが、11月まで放置すれば最高になります。非常に良い土壌が素晴らしい富士リンゴを与える場合でも、この木は湿った、乾燥した、または貧しい土壌で成長することができます。これらのリンゴは非常に長く新鮮なままではなく、摘発された直後に消費されるのが最善ですが、料理には非常に優れています。

日本からニュージーランドまで、ガーラのリンゴは品質と栽培の容易さに関しては富士のリンゴに似ています。この素晴らしいリンゴの外観は、赤色のヒントを持つ黄色で、中程度のサイズです。内部はほとんど黄色で、非常にジューシーで、しっかりしていて、鮮明で、臭いが優れています。彼らが新鮮であれば、最高の味のリンゴ、富士リンゴよりも優れていることがあります。この樹木のもう1つの利点は、それが比較的容易かつ迅速に生長し、7月に木が通常大きく熟していることです。富士と同じように、この木は乾いた濡れた貧しい土で育つことができますが、一般的には料理に使われません。

ニュージーランドから生まれたもう一つのリンゴは、金色の赤い線で外観がほぼ完全に赤色に変わるBrae Burnです。このリンゴは1940年代後半に人気を得始め、1980年代にアメリカで初めて導入され、現在はドイツで最も売れ行きのあるリンゴで、世界で最も人気のあるリンゴです。切り開いたとき、内部は白く、鮮明で、香りが強く、しっかりしていて、ジューシーで甘く、やや酸性です。このりんごの大きさは中〜大に変わることがあり、通常は切断後すぐに茶色にならず、輸出には最適です。

名前が示すように、このリンゴは非常に背の高い赤い外観です。内部は黄色く、鮮明で、甘く、ジューシーで美味しい。彼らの甘い味のおかげで、これらのリンゴはサラダやデザートで人気があり、通常は別個のハート型のおかげで容易に認識されます。このりんごは、通常、9月中旬に熟していて、フジリンゴと同じように、木の上で新鮮なものを食べるのが一番です。

このリンゴは、非常に特定の、ジューシーな、強い風味があります。内部はしっかりしていて、白く、鮮明で甘く、調理後でも形と味が保たれているので、料理には優れています。レッドデリシャスのリンゴのように、これらのリンゴはサラダによく使われ、中型から大型までさまざまですが、同じ形を共有しています。赤いおいしいリンゴとは異なり、リンゴのこの種は慎重に扱われると長く続きます。