フラッシュクリップ天井1 – 紹介

始める前に – 安全

有用な用語

天井はおそらく家の他のどの部分よりも見えないので、家の一般的な感じに対するそれらの影響はしばしば過小評価される。床と並んで、天井は部屋の中で最大の表面です。その高さ、作られた材料、その勾配、そしてそれが形成する角度はすべて、部屋の感じ方に影響します。

天井は設計機能としてだけでなく、上の床や屋根、配管、配管、電線、断熱材などを隠すためにも使用されます。吊り天井(天井の梁から所定の距離に吊り下げられている天井)は、このエリアで修理や作業が必要な場合に簡単にアクセスできる空洞を作り出すため、非常にうまく機能します。ここでは、吊り天井の設置と修理を検討します。

適切な安全対策を常に理解し、開発し、遵守してください。天井を取り付けるときは、作業に適したツールを使用してください。また、電動工具を使用する場合は、サンディング時の防塵マスクや安全メガネなどの安全装置を使用してください。電動工具と言えば、コードを使用しているときにコードを記録しておくことで、乗客がいない場合もあります。また、同じ理由でブレードをシャープに保ちます。アスベストを含むタイルは購入しないでください。その物質は健康上の危険です。

脚立を使用するときは、両方の脚のペアを完全に開いたままにし、広げた脚を固定します。上から2番目のステップより上に上ってはいけません。基盤が壁からの長さの4分の1になるようにはしごを上にしてください。最後に、電線の周りにはしごを使用しないでください。