完璧なバスルームの洗面化粧台を設計する

ニーズの把握

虚栄心の種類

フレームとフレームレス

あなたの浴室を改装し、改装する際には、さまざまな考慮事項があります。重要な考慮事項は、トイレの洗面所を設計する方法です。ここでは、完璧なバスルームのバニティシンクを設計するためのヒントです。

あなたが心に留めておく必要があるいくつかの重要なことがあります。たとえば、1つの洗面所の洗面所から次の洗面所までの幅は大きく異なります。バスルームのバニティシンクのインクリメントは、通常6インチ上がります。

また、材料を考慮する。ほとんどの浴室の洗面化粧台は、木材や合成材料で作られています。あなたが選択する材料は、全体的なバスルームのデザインに大きく依存します。

浴室洗面化粧台と洗面化粧台の4種類があります。最も簡単で簡単に設置できるのは、壁に取り付けた単純なものです。トイレの上に直接フィットするスタイルと同様、棚付きのユニットも別の選択肢です。最後に、洗面台の真下にあるキャビネットが付属しています。彼らはフリースタンディングキャビネットを備えたモデルを含む。

浴室のバニティシンクの面は、フレームまたはフレームレスでもあります。フェイスフレーム版はより正式で伝統的なもので、隠れたヒンジが付いています。フレームレスの洗面化粧台はより現代的です。

あなたの浴室の外観を改善したいときは、完璧なバスルームの洗面所を見つけるためのオプションを検討してください。