あなたの屋根裏部屋を終わらせる:屋根裏部屋の壁を構築する方法 – パート2

ステップ1 – フレームを構築する

ステップ2 – フレームのイブニング

ステップ3 – ドライウォールウォールを追加する

屋根裏部屋の壁を構築するためのこのガイドの第1部では、プレートとスタッドを切り取り、ボックスを作成してインストールすることで壁を仕上げる方法を学習します。これらのボックスは、床に建てられて壁に設置されるように設計されたフレームです。したがって、これらの壁を構築するのに十分な屋根裏部屋があることを確認してください。

あなたはまた、壁の作成を終了するためにいくつかの乾式壁のシートを持っている必要があります。第2部では、フレームを作成し、シムを使用して壁にフィットさせ、釘を使って壁に取り付け、乾いた壁紙を使用して仕上げる方法を学習します。

あなたの屋根裏部屋の壁のためのフレームを構築するには、あなたが既に作成した部品を集める必要があります。あなたは壁のための適切な長さにそれらをカットしている必要があり、スタッドは、一枚に合わせてカットする必要があります。ドライバーまたはドリルを使用して、ソールプレートの両端に2つのスタッド材を接続します。矩形のフレームが偶数になるまで、数インチごとに残りのスタッド材を追加します。

フレームを壁に取り付ける前に、フレームが平らで水平であることを確認する必要があります。これを行う1つの方法は、フレームの側面に垂直線を保持することです。これをどちらかの端で行い、フレームが水平であることを確認します。あなたはそれを壁の側面に置くことができます。

一方の面にフレームを取り付け、もう一度垂直を使用して偶数であるかどうかを判断します。フレームが適切に平らであることを確認するために、いくつかのシムでハンマーで打つことができます。壁にフレームを釘付け、距離に沿って均一に間隔を置いた釘で。

ここで、乾式壁を取り付けることで設置を完了します。ドライウォールシートは、フレームの外側に容易に取り付けられます。屋根の上部にあるスタッドとソールプレートで乾式壁を整列させ、それを所定の場所に釘付けます。次に、次の乾式壁をこれに合わせて、再びその位置に固定することができます。

乾式壁の設置が終了したら、乾式壁の表面にプラスターの層を加え、24時間放置します。石膏が壁に乾いているときは、塗料の層か壁紙のいずれかで覆うことができます。それでおしまい!あなたの屋根裏部屋の壁は完全です。