木製のガレージドアを取り付けるときには何もしないでください

ドアの重量を確認する

ドアライトを守る

インストール前のワニス

ドアを正しく掛ける

測定と持ち上げ

木製のガレージドアは、何十年もの間、住宅の一般的な特徴でした。これらのドアは機能するように設計されていますが、非常に魅力的なものでもあり、あなたの生活スタイルに合わせてさまざまな色の木が登場します。木製のガレージドアを取り付けるには、非常に慎重でなければならず、木製のガレージドアを安全に設置するために、避けなければならないことがいくつかあります。

木製のガレージドアは、しばしば自重を欺くことができます。いくつかの金属とプラスチックのドアが重くなることがありますが、木製の頑丈なドアは、通常のドアスプリングにとってはあまりにも多くなります。あなたはあなたのガレージのドアスプリングが新しいドアの重量を支えることができるかどうかチェックする必要があります。あなたはドアをインストールする前に、あなたは依然としてあなたのサプライヤーに確認する必要がありますが、あなたが進む前にドアの重量を教えて請負業者を得ることができるはずです。

あなたのドアが過度に重くならないようにするためにできることはいくつかあります。あなたができる最初のことは、体重が大幅に増加するので、あまりにも厚くカットされていないことを確認することです。もう一つは、たぶん50%の木で作られたドアを作って、もう1つはガラスやPVCの窓や装飾から来ているということです。これは、ドアの重量に大きな違いを生むことができます。

木製のガレージドアの所有者が行う一般的な間違いは、ドアをインストールして、それをニスしようとしています。これは、天井から保護されていないドアの領域につながり、木が腐敗し始める可能性があります。インストーラによって無視される傾向がある特定の領域は、ドアの底部、ヒンジ領域、およびドアの内側端部である。ドアをすべて磨くと、インストールする前に48時間乾燥させておいてください。これはあなたのドアを長持ちさせるのに役立ちます。

別のよくある問題は、ドアを正しく垂らすことではありません。ウッドは、それが右か、その側面か、または逆さまにさえ、同じように見えます。あなたはドアを間違って掛けることができ、遅すぎるまで気づかない。これは定期的に使用する前に問題にはならないかもしれませんが、分割や亀裂は木製のガレージドアで間違って掛かっている場合が多いため、注意深く確認してください。

ドアを取り付ける前に、ガレージ開口部の高さが正しいことを確認する必要があります。ガレージのサイズが長すぎるか、幅が広すぎるなどの問題を修正できるように、慎重に測定してください。

また、ドアの重さのために、友人に移動させて持ち上げる必要があります。