トイレを無効にする方法:トイレを無効にする方法

ステップ1 – 給水

ステップ2 – 救済

ステップ3 – フラッシュ機構

ステップ4 – トイレの取り外し

改装または修理を行っているかどうかにかかわらず、トイレを使用しないで始める必要があります。このプロセスをどのように実行するかを知ることで、妨げにならずに必要な作業を確実に完了できるようになります。

トイレを無効にするために必要な最初のステップは、トイレに給水する給水を止めることによって水が流れないようにすることです。トイレやトイレに電源を隔離することができない場合は、必要な作業を行うのにかかる時間の間、施設全体の電源を切る。

水の供給を止めるために必要な措置を取るにもかかわらず、トイレに水が残っていないということではありません。トイレにトイレを残しておくためには、この水を取り除く必要があります。このプロセスは、水のすべてが排出されるまでフラッシングするだけで、しばしば着手することができる。あるいは、水槽の蓋を取り外し、水を取り除くのに適した大きさの容器または同様の容器を使用する。分解中にタンク内の水分が逃げて床を濡らさないようにするには、布を掛けてコンポーネントをはがしてください。

完全に分解するかどうかにかかわらず、フラッシュ機構を解体することによってトイレを無効にすることができます。シスターンの蓋を所定の位置から持ち上げると、一部の機種でフラッシュ操作ボタンが最初に取り外されます。これは、所定の位置からはずれる可能性があります。あなたのグリップを向上させるためにゴム手袋のペアを使用してください。

両方のコンポーネントが取り除かれたら、注意して脇に置きます。これにより、水槽の内部動作にアクセスできます。あなたがトイレのマニュアルを保持していれば、解体プロセスからどこから始めるのが最も良いかを知ることができるので、それを通ることをお勧めします。これが利用できない場合は、ボールコックを取り外すことから始めます。ボールコックは、取り付けられているアームに簡単にアクセスできるようにねじを外すことができます。ジョイントのファスナーは、1対のプライヤーまたは他の適切なツールで取り外すことができます。

内部がトイレから取り除かれると、壁に水槽を保持するためのボルトがあるかどうかを判断するポジションになります。水槽の基部にあるファスナーを取り外して、それを所定の位置から持ち上げることができるようにすることができる。次に、ボウルを取り外すことができるように、ボウルを床に保持するボルトを取り外す必要があります。結果として生じる排水穴をぼろで止めて、有毒ガスが排水口から浮き上がらないようにしてください。