フランスのゴシック様式の家具:目を引くデザイン

木材

彫刻

タペストリー

フレームワーク

メタルマウント

サイズ

ゴシック時代は中世に始まり、16世紀には素晴らしい建築、芸術、ファッション、家具が栄えました。 19世紀のフランスでは、ゴシック様式の家具は、ヨーロッパや世界で有名な専門家によって作られました。

ゴシック建築は尖ったアーチに顕著に反映されていましたが、ゴシック様式は美術、建築、家具に見られる多くの異なる特性によって識別できます。

多くの人々がダークウッドのゴシック様式を考えると、フランスのその時代の家具にはオークとクルミが最も一般的でした。

木製家具の複雑な彫刻はゴシック様式の家具で人気がありました。フランスの職人は特に彫刻に熟練しており、フルール・デ・リ、ブドウの葉やブドウのような多くのデザインを普及させました。グロテスクな人物や動物は、椅子やベンチのハンドルや腕に刻まれることもありましたが、通常の人間がアートワークに取り込まれることは稀でした。葉やロゼット、現実と想像上の鳥や動物、鮮やかな色で塗られた宗教的シンボルは、この時期から人気のモチーフでした。

カラフルな布地やクッションは、ベンチやチェアに一般的に組み込まれていました。

接着剤はまだ木材を結合するのに使用されていませんでした。ジョイントファスナーとしては、溝、ノッチ、およびペグが一般的に使用されていました。

金属留め金とロックは世界中のほとんどの場所ではっきりとしていましたが、フランスのゴシック様式の家具では、金属の上に作った素晴らしい絵の場面が飾られていました。

ゴシック様式の家具は垂直を強調し、特にこの時期の初期には、家具はしばしばぎざぎざとした形で直線的であった。

フランスゴシック様式の家具の人気のあるものは、アンティークのディーラーで購入できます。

フランスのゴシック様式の家具を1枚または2枚追加して、神秘と優雅さをあなたの家に加えましょう。