デジタルカメラとフィルムの違い

デジタルカメラが写真の主要な手段になる以前は、アマチュアとプロのフォトグラファーは、同じように映画界で働いていました。カメラ技術のデジタル革命は、写真家が自分の仕事をすぐに見ることができ、コンピュータにダウンロードして数分でプリントアウトすることを可能にしたのに対して、映画ではやや長い開発プロセスを必要とし、しなかった。しかし、デジタルカメラとフィルムの違いは、画像の品質と変更可能性を超えています。

デジタルカメラ対フィルム

好みの違いは、デジタル写真と映画の違いはMP3やビニールのレコードに似ています。後者の場合、両方とも記録された音楽を記憶するが、それらのそれぞれのフォーマットに入れられるプロセスは、速度、品質、および技術の点で異なる。今日のMP3レコードはビニールレコードの売上を大幅に上回っていますが、レコードプレーヤーに置くという物理的行為に加えて、彼らの暖かみを感謝する人が常にいるため、LPは決して離れません。デジタル写真や映画についても同様です。映画は主に趣味の追求に任せられていますが、それを使う人々を守るプロセスの愛です。また、デジタルよりも暖かく、より有機的なイメージを作成します。映画の使用はおそらく過去と同じくらい一般的ではありませんが、常にデジタルよりも好きな人がいます。それは言われている、2つの間にいくつかの非常に実用的な違いがあります。

利便性

疑問もなく、デジタル写真はフィルムよりも便利です。フィルムを巻く、巻く、巻き戻す、巻き取るなどのスプールはありません。デジタルでは、どんな写真がうまく出てきたかを推測することはありません。インスタントビューアは、どの写真を保存する価値があるかを示します。あなたがしていないものは単に消去されます。バッテリーを充電し続けることを除けば、デジタルカメラではほとんど気にならない。消費者モデルは、フィルムカメラよりも小さく、かさばりません。

開発

フィルムは、写真家がフィルムロールを巻いて取り出し、ネガを現像して写真を大型機械で撮影するか、暗室で手作業で撮影する必要がありました。機器にアクセスした熟練した写真家は、短時間でこれを行うことができますが、デジタルカメラと同じくらい早くはできません。デジタルでは、撮影者は写真を撮影し、カメラとコンピュータを接続し、デジタルファイルをアップロードし、変更、保存、または消去します。ネガが開発された時点で、デジタル写真家は何百枚もの画像をアップロード、アップロード、変更、ポストまたはプリントすることができました。

温もり

おそらくフィルムが好まれる領域は、それが創り出す写真の暖かさです。デジタル写真は、技術的には優れているものの、顕微鏡レベルで写真を分解する能力を備えており、魅力の一部を芸術から奪い取っています。フィルムはデジタル技術をはるかに上回る明確な限界を持っていますが、デジタル画像は決してフィルムの暖かさと決して同じではなく、その品質を再現するように設計された改変プログラムと一致します。

デジタル写真の優れたスピード、利便性、ネットワーク性により、映画は過去のものとなっています。しかし、技術的な違いを除けば、映画はデジタル音楽のダウンロードによって記録が決して完全に排除されないように、依然として写真愛好者の間に位置しています。デジタル写真技術が可能な限り、それは映画の暖かさと感情を代用することはできません。