台車およびボディハンマー:へこみ固定技術

ボディハンマーとドリーがある場合、いくつかの簡単なテクニックを使ってほとんどの凹みを自分で修正できます。この記事では、これらのツールで使用されている最も一般的な2つのテクニックについて簡単に触れていきます;ツール;ボディハンマーと台車を使って窪みを打ち抜く前に、ツールの形状が良好で高品質であることを確認する必要があります。品質の低いツールを使用すると、修正しようとしている金属にリングが押し付けられ、後でもっと見苦しいダメージや修復作業が発生する可能性があります。重要なプロジェクトです。代わりに、小規模なプロジェクトや金属の平らな部分だけを実践して、ツールの仕組みをしっかりと把握するようにしてください。ストライキで使用するプレッシャーの量は大きな違いを生むことがあります。あなたのツールで感度をどのように変換するかを理解してください;あなたはあらゆるハードウェア店に行くことができ、さまざまなサイズのフラットメタルを購入して遊ぶことができますので、技術を完璧にすることができます; Hammer On Dolly;好き。修理したい金属の裏側に台車を置きます。ボディーハンマーを使用して凹みを取り除きます。これであなたは台車に直接金属を打つことになります。この方法では、金属が伸びて柔らかく、より柔軟になることを覚えておく必要があります。凹みがなくなるまで叩き続けてください。それは遅いプロセスかもしれませんが、非常に効果的です。あなたが必要以上に金属が伸びていれば、金属を縮める必要があります。伸びた金属はより弱く、より薄い。それを縮小すると元の強度に戻ります。縮小するには高いスキルレベルが必要です。あなたは非常に熱い金属とハンマーで作業します。これを達成するには、シュリンクディスクやその他の縮小ツールが必要な場合もあります。これは、重大で重要なプロジェクトで試してみる前に練習しなければならないものでもあります; Hammer Off Dolly;やはり、それが正確に聞こえるくぼみを打つテクニックです。台車の上に直接金属を打つ代わりに、あなたは台車から約半インチ離れたところに打ちます。この技法は、ハンマーの前の金属を押し戻して、反対方向に金属を押すことになります;これが何であるかのアイデアを得るには、平らな金属片を描きます。あなたがストライクしている間、台車は打ち返して、Sに似た形になります。凹みによっては、これが最良の方法です。この方法はまた、金属を伸ばすまたは弱める傾向がない。

この技法はテクニックのハンマーよりも難しい傾向がありますので、ハンマーを技法で試してみる前に、ハンマーがどのように機能しているかを把握してください。