車の窓の色合いは熱を保つのですか?

車窓の色合いで熱を保つ

車の窓の色合いは、あなたの車に乗っている間に一定量のプライバシーを提供するのに効果的であるばかりでなく、盗難の可能性を減らす際にも、車に入る熱量を減らすことができます。ほとんどの人は、おそらくあなたの車のダッシュボードとフロントガラスの間にぴったりとフィットし、車が使用されていないときに太陽光を反射する折りたたみ式のフロントガラスバイザーに精通しています。車窓の色合いはほとんど反射能力はありませんが、ある程度は同じ仕事をします。

すべての州は、乗用車に許可されている車窓の色合いの合法的な量に独自の制限を設定しています。フロントガラスと助手席窓は最も制限の厳しいエリアですが、すべての窓にはある程度の色合いを付けることができます。窓を部分的に反射させることにより、太陽の紫外線の一部が車両のキャビンに入ることが阻止される。これは外部から車を暗くするだけでなく、熱に変わる太陽光の総量を減らします。

車のキャビン内に入ると、日光はすぐに熱になります。黒または革の内部がこの効果を悪化させる可能性があります。車窓の色合いは、すべての日光が入るのをブロックするわけではありませんが、熱になる日光の量を減らし、キャビンをプロセスの中でより冷たく保ちます。