ガラス繊維窓

ビニールまたはガラス繊維

どれを選ぶか

ペインティング

ガラス繊維の窓には、さまざまな利点と利点があり、さまざまな建物での使用に適しています。ガラス繊維の窓は、その特性と特徴のために極端な気候で特に一般的です。

自宅の窓を交換することを検討している場合は、いくつかの選択肢があります。木製、ビニール、アルミニウムまたはガラス繊維の窓を取り付けることができます。

ビニール窓はUPVC製で、これはあなたの浴室配管用のパイプを作るのに使用される同じタイプのプラスチックです。 UPVCの窓が引き起こすマイナスの環境への影響について懸念が生じています。

一方、ガラス繊維窓はガラス繊維でできています。これらの小さな繊維は一緒に融合されてプラスチック様材料のシートを生成する。

ビニールとガラス繊維のウィンドウを選択するのは複雑になる可能性があります。製造者のそれぞれが、彼らの製品が最高のものであることを示唆するからです。あなたがそれらを使用することを検討する理由は、ガラス繊維の窓の多くの利点があります。

ガラス繊維とビニールの両方の窓は、さまざまな色やスタイルで利用でき、誰にでも適しています。しかし、ガラス繊維窓はわずかに多く、絶縁性もありません。

UPVC窓はフレーム内にエアポケットを閉じ込めるように設計されており、断熱性が向上します。プロパティを絶縁する効果的な方法を見つけようとしている場合は、ビニールの窓を取り付けることが理にかなっています。

ガラス繊維の窓にはビニールよりもはるかに強い利点があり、耐久性に優れています。ほとんどのガラス繊維の窓はビニールの窓より長く続きます。

拡張

ビニールの窓は、木材ほどの膨張と収縮に苦しむことがありますが、ガラス繊維の窓は絶えず変化する温度にはるかに耐性があります。ファイバーグラスの窓は天気の変化に多くの問題を経験しません。ガラス繊維の窓は、極端な天候でも腐敗、反り、屈したり収縮する可能性が非常に低いです。ガラス繊維は、はるかに脆弱な材料であり、異なる温度ではそれほど変化しない。

ビニールの窓は一生の間同じであり、塗装することはできません。しかし、望むならガラス繊維の窓を塗ることができますが、購入した後に塗装する必要はありません。それは厳密には美学の問題です。

彼らは油ベースの製品であるため、PVCとほとんどのプラスチックは引火性があります。一方、グラスファイバーは可燃性でないガラスで作られているため、構造物を通しての火災の危険性が減ります。

グラスファイバーとビニールの窓にはそれぞれ独自の利点があります。あなたの状況に合った最良のものを選ぶために、それぞれの長所と短所を体重測定する必要があります。一般に、ファイバーグラスは長く続き、温度変化に耐性があります。一方、ビニルは、より安価で優れた絶縁体である。