DIYキャスター調整のヒント

ドアからの測定

インサートキャスターシム

キャスター調整は、自動車の前輪を前進させる技術です。人々は、この方法を使用して前輪の前の部分を前方に動かすと、より良いハンドリングができると考えています。ほとんどの場合、このキャスター調整はメカニックによって行われますが、いくつかの簡単なヒントを参考にすれば、自分で行うことができます。

多くのガレージがそうであるように、タイヤのリムから泥除けまでの距離を測定するのではなく、タイヤリムからその側の2つのドアの間の距離までテープを使用する必要があります。距離は両側で同じでなければなりません。また、フロントタイヤリムとバックタイヤリムの間の距離を測定します。ここでも、これらの測定値は両側で同じでなければなりません。

キャスターのコントロールアームが完全に真っすぐになるまでシムを挿入します。キャスターを前方または後方に傾斜させる必要はありません(望む場合を除きます)。キャスターを満足するように調整したら、ボルトを使用してシムをねじ込み、車を地面に置きます。もう一度測定します。