ハードウッドフロアを仕上げる8 – 保護仕上げを施す

エラーのマージン:該当なし

最も一般的な間違い

ポリウレタンの適用

保護仕上げにはいくつかの種類があります。最も一般的なのは、ポリウレタン、ワニス、シェラックなどの浸透性シーラーまたは表面仕上げ剤です。浸透しているシーラー(染みの下で言及されている)が木材の細孔を貫通するため、木材が摩耗すると仕上げが摩耗し、交通量の多い地域ではワックスで補修することができます。彼らは色がかったりきれいになったりします。これらの浸透性シーラーは、しばしば表面仕上げのアンダーコートとして使用されますが、始める前に2つの仕上げが適合していることを確認してください。

表面仕上げは、染色されたまたは密閉された木材の上に、丈夫で透明なコーティングを提供する。ポリウレタンはほとんどがワニス、セラック、ラッカーに置き換わりました。しばしば、大量のトラフィックワックスがポリウレタン上に塗布される。

仕上げは、透明な光沢仕上げ(高光沢)とサテン仕上げ(低光沢)になります。高い光沢はほこりをより簡単に示します。

ヒント:汚れを塗る前に床の小さな領域をテストします。多くの場合、店舗のサンプル汚れは、大規模な特定の床に使用すると非常に異なる効果をもたらします。

遅乾性の空気乾燥ポリウレタンを購入してください。専門家が使用するより速乾性の湿気硬化タイプには悩みがあります。あなたが使用しているアンダーコートと互換性のあるタイプを使用してください。

ポリウレタンを使って作業するときは、塗布する前に十分に攪拌してください。硬化剤は底部に沈降します。十分に攪拌されないと、床が均一に乾燥しません。ペイントスティックを使用するか、可変速度のドリルにベントコートハンガーを取り付けてください。ポリウレタンに泡ができないように低速で攪拌する。部屋をよく換気し、有毒なフューム用マスクを着用してください。ただし、換気の際には、ほこりの問題が発生していないことを確認して、濡れた床にほこりが付着するようにしてください。

ラムのウールアプリケータとペイントトレイで仕上げを施すのが最善です。ブラシは壁や届きにくい場所で使用されます。ポリウレタンを均一に塗布し、アプリケータを穀物の方向に動かします。

通常、3回または4回塗布する。あなたが乾燥した後、各コートの間に良い等級のサンドペーパーを砂にする必要があります。乾燥時間は、湿度と温度によって異なります。以前のコートが全く乾燥していて、べたつき感がなくなるまでサンディングを開始しないようにしてください。 #2スチールウールディスクを装備したプロフェッショナルバッファーを使用した砂。これはハンドサンダーを使うよりはるかに簡単です。手が届きにくい部分は手で研磨する必要があります。各サンディングの後に掃除し、湿ったモップで床に乗ってすべての埃を取り除く。第2のコートは、穀物を横切って塗布することができる。最終コートはバフ仕上げを必要としません。

あなたの最終コートが乾燥してから入るまで待ってください。数日の間、防護仕上げはかなり気分が悪いかもしれませんが、1週間ほど後には煙が出るはずです。